--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/01 Sun  15:26
国益を追求する。

日本に!姫路に!戸井田とおるさん
* 日本に!姫路に!戸井田とおるさん (水間政憲) 2009/03/01 09:25:14

日本の マスメディアは、日本の 伝統 文化と 国益を尊重して、国会活動をしている議員を正当な評価をしません。

それは、戦後一貫した姿勢です。

朝日新聞は、日本人の精神を弱体化する為に制作された、連合国( GHQ)作成の「 真相箱」(捏造歴史観・NHK放送)の編集に荷担しました。また、 読売新聞社主 正力松太郎は、米国 CIAの エージェント(暗号名ポダム)として、米国の手先になって「日本人総白痴化 3S計画」(スポーツ・スクリーン・セックス)を、 日本テレビ放送網の免許をいち早く取得して推進していたのです。

最近の 麻生首相への狂ったような誹謗中傷は、戦後のどの首相よりも、日本の国益を重視することが、明らかになったからです。戦後、訪米した日本の首相で、最も粗末な扱い方をされたのは、米国の理不尽な要求に屈しなかったからです。

これらのことは、いまだ殆どの国民は詳しく理解してないのが現状です。

マスメディアに、騙されてはいけません。

マスメディアは、国民に真相を知らせないことを、実行しているのが実体なのです。

実例を上げますと。

戸井田とおるさんとは、私が「スクープ〝遺棄化学兵器〟は中国に引き渡されていた」を『 正論』(2006年6月号)に発表したことが、縁となって政治と言論の連携ができました。

遺棄化学兵器問題は、中国へ総額数兆円から最大60兆円の血税が毟り取られる可能性がありました。
しかし、 産経新聞以外に問題意識をもった報道をしていませんでした。

遺棄化学兵器問題の言論の限界を、戸井田とおるさんが国会で取り上げてくれたことで、血税の垂れ流しを阻止することが出来たのです。

戸井田とおるさんは、故 清瀬一郎元衆院議長の系譜の議員で、清瀬先生が、 極東国際軍事裁判( 東京裁判)の弁護人を務めたことから思い入れが深く、国立公文書館で未公開になっていた、東京裁判関係資料の公開を国会で取り上げたことで、2008年3月末日をもって全資料6.003冊を公開させることができたのです。

日中歴史認識問題で、最大の懸案は「南京」問題でした。

戸井田とおるさんは、自民党歴史議連南京問題小委員長として、『南京の実相』の出版に指導力を発揮されたことで、2008年11月1日に発行されました。『南京の実相』は、一次資料を検証した資料本です。また、政治家が監修した南京本としては、戦後初めての快挙です。

『南京の実相』が出版されても、中国や 朝日新聞から、批判の声があがってません。これは、日中歴史認識問題の分岐点になる決定的な意味のある本になりました。

戸井田とおるさんの実績は、10年20年先の日本の国益に直結した功績を残したのです。しかし、 マスメディアが報道しないため、 姫路の選挙区民 は、その功績を知っている方が殆どいらっしゃらないと思ってます。

戸井田とおるさんは、日本の国益を護るために、欠かせない国会議員なのです。

皆さん、この文章を転載フリー(但し、条件は全文記載として下さい)としますので、ポスティング用チラシなど自由に使用して戸井田とおる先生を応援して下さい。

【国益速報 日本に!姫路に!戸井田とおるさん(水間政憲 )】

日本に!北九州に!西川京子さん
* 日本に!北九州に! 西川京子さん (水間政憲) 2009/03/01 12:13:35

麻生首相は、戦後、訪米した日本の首相で、もっとも粗末な扱い方をされたと、 マスメディアが批判してます。その中でも、 読売新聞グループが突出しています。

それが何故なのか、国民は、いまだ詳しく理解していません。それは、ひとえに 第二次世界大戦後、連合国( GHQ)が日本人にたいして実施した洗脳政策の結果なのです。

朝日新聞は、日本人の精神を弱体化することを目的にした、GHQ制作の日本人洗脳番組「 真相箱」(捏造歴史観・NHK放送)の編集に荷担していました。また、 読売新聞社主・ 正力松太郎は、米国 CIAのエージェント(暗号名ポダム)として、「日本人総白痴化 3S計画」(スポーツ・スクリーン・セックス)を日本テレビ放送網を利用して推進していたのです。

そんな中にあって、日本の 伝統 文化や 国益を尊重しょうとする 政治家は、戦後、排斥されていたのです。

それゆえ、 麻生首相は、 米国の 国益(米国の言いなりの米国債の購入・環境技術の移設)の役に立たないと判断され、粗末な扱い方をされたのです。それは逆に、日本の国益を護ったことになります。それが、2月24日の麻生首相訪米の実体なのです。

阪神淡路大震災のとき「何せ初めてのことじゃけ!」と、自衛隊の出動をためらったばかりに、多くの犠牲者を出したあの 村山富市元首相でさえ、訪米したとき「 迎賓館」( ゲストハウス)を提供されていたのですが、 麻生首相は民間ホテルでした。

皆さん、 マスメディアに騙されてはいけません。
日本に必要な 国会議員が、国会でなにをしているのか。
マスメディアは、ほとんど、国民に知らせることをしていません。

マスメディアの 支持率調査は、 テレビなどで 麻生首相の揚げ足とりの ネガティブ・キャンペーンを繰り返し、それを視聴している国民層への固定電話調査の数字を支持率と称してます。これを マッチポンプと云います。

現在、国民に広く普及している 携帯電話で調査をしたら、麻生首相の支持率は、まだ30%ぐらいあると思われます。

西川京子さんの中央での活躍は、ほとんどの地元選挙区民が知らいことばかりだと思ってます。

2007年夏、 中国産ウナギから「 マラカイトグリーン」が検出され、中国産輸入食品の安全性が問題になったとき、いち早く横浜山下埠頭に出向き、中国産輸入食品の抜き打ち調査に出掛けていたのです。

そのとき、全国にある31の検疫所の中で、残留農薬を検査できる施設が、横浜と神戸の2ヶ所しかないことを知り、中国に近い九州・山口県地区の「食」の安全を守るため、2008年10月、 西川京子さんの要請で、門司検疫所でも残留農薬検査を実施するための検討に入ってます。

教育問題では、 教育基本法改正により、 伝統 文化を推進することになりました。その具体策として、中学校の授業で「 武道」が必修になりましたが、それは、 自民党教育部会での西川さんの提案に基づいて実施されました。

来年度予算が2月27日衆院を通過しました。

西川さんは、エネルギー源の構造的変革を目指し、自民党環境部会長として来年度補正予算に、3年以内に順次着工して、全国の小・中学校に太陽電池パネルを敷設する経費1兆円の予算案をまとめました。
それが完成すると、原発で一基、火力発電所だと2基分のエネルギー削減になります。
この政策で、ドイツに抜かれていた太陽電池パネル生産量世界一の座を、奪還するきっかけになることでしょう。

最近、西川さんは、 中曽根外務大臣と クリントン国務長官の会談が行われた、 飯倉公館の会議室に展示されていた「日本地図の絵」( 平山郁夫作)の問題を、自民党外交関連部会で、舌鋒鋭く指摘して話題になってます。

それは、西川さんが指摘した「日本地図の絵」に 北海道が描かれてなかったからです。当然、 樺太と 北方領土が描かれてません。クリントン国務長官が来日した様子が海外に配信された同時期に、 麻生首相が樺太で領土問題の話し合いをしていたのです。

民主党の 前原誠司衆院議員は、衆院予算委員会で麻生首相を「ヤルヤル詐欺」などと口汚く罵ってました。昨年から予算案を止めていたのは民主党です。

民主党は、国家国民のことより小沢一郎独裁政党として、 韓国李明博大統領に「外国人参政権」を約束したり、政権を取ったら国民より中・韓の利益になる法案を通そうとしています。

民主党は、沖縄に一国二制度を導入して、外国人3.000万人ステイ計画・沖縄独自紙幣発行権など、中国が喜ぶ「 沖縄ビジョン」を発表してます。

最近、小沢一郎党首は「 米軍は、第7艦隊だけいればよい!」と、支離滅裂なことを言って問題になってます。北朝鮮が、いま ミサイルを発射しようとしているときの発言です。

国会議員の責務は、国民の生命と財産を護ることです。

西川京子さんは、バッチだけを求めている国会議員が多い中で、常に国益を最優先に活動している稀有な存在なのです。

ジャーナリストとして取材して、西川京子さんは、日本に必要な国会議員と認識していても、選挙で応援できることは、取材を通して知りえた事実をネットに配信することぐらいしか出来ません。

西川京子さんは、日本に必要な政治家です。

2009年3月1日

追伸
西川京子先生を応援している皆さん、私の文章を転載フリーにしますので、ポスティング用チラシなど自由に利用してください。(但し、条件は全文記載です) 以上

【国益速報 日本に!北九州に! 西川京子さん (水間政憲)】

Free Japan!

国益UPよりメールがあったのでいくつかFree Japanより引用
スポンサーサイト

テーマ : 憂国   ジャンル : 政治・経済

tag : 国益 マスコミ マスゴミ

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


私もマスゴミに苛立ちが募ってます。 ≪         HOME         ≫ 秘書だけでない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。