--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/10 Sun  12:22
外国人の意見を選んだ小田原議会

尊徳より韓国を選んだ小田原市民
2011.7.10 11:22


 教科書採択の“熱い夏”がやってきた。来春から使われる中学校の教科書が8月31日の期限までに全国の教育委員会や国立中、私立中で選ばれる。

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の大阪市議団は、愛国心の育成が盛り込まれた改正教育基本法と新学習指導要領に沿った教科書を採択するよう市教委に求める。具体的には育鵬社と自由社を指しているという。

 育鵬社は平成14年度から発行されている扶桑社の歴史・公民教科書を継承したフジサンケイグループの教科書会社で、教科書改善の会(屋山太郎代表世話人)のメンバーが執筆。自由社は扶桑社教科書から分かれた「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書だ。

 大阪府内では昨年から私立浪速中(大阪市住吉区)で扶桑社の教科書を使用しているが、公立中では採択されておらず、教育委員会の判断が注目される。

 一方、神奈川県小田原市議会は6月16日の本会議で、育鵬社と自由社の歴史教科書を採択しないよう求める在日本大韓民国民団湘西支部の陳情を賛成多数で採択した。朝日新聞によると、審議では育鵬社などが「反韓国、反中国の感情をあおり立てている」という意見が大勢を占めたという。

 こういう問題では、自分の意見と議会の意思が合っているかいないかでダブルスタンダードになりがちだが、私は教育委員会は住民の意見を聞いた上で採択の権限と責任を果たすべきだと考えているので、育鵬社などを排除せよという議会の意思が示されれば尊重すべきだと思う。

 ただし、今回の陳情を行ったのは民団湘西支部という外国人団体であり、教育への内政干渉だ。教育基本法は「国民の育成」をうたっており、外国人より前に国民の意見を聞くべきだろう。

 長く教科書問題を取材しているが、過去にこんな陳情が通った例はない。恥をかくのは、そんな議員たちを選んだ小田原市民だ。

 育鵬社などを除く5社の教科書には小田原が生んだ二宮尊徳が載っていない。小田原市民は郷土の偉人より内政干渉受け入れを選んだことになるのだ。(渡辺浩)

産経ニュースより引用
僕も教科書展示会に教科書を見に行きましたが、
社会だけでなく、とある音楽の教科書の最後のページは、
某テーマパークで良く流れている【小さな世界】が全学年で載っていました。

民団の陳情を賛成多数で採択するなんて・・・
小田原議会・・・
各種ブログランキング参加中、ランクアップにご協力していただける方はクリックを!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

FC2 ランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース   ジャンル : ニュース

tag : 小田原 民団 陳情 教科書

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


献金は、事実 ≪         HOME         ≫ 闇は深い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。