--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/24 Sat  12:32
今日のチベット・ウィグルは、明日の日本です。

【緯度経度】ワシントン・古森義久 ウイグル問題 討論会の熱気 (1/2ページ)
2010.7.24 07:45


 米国議会上院のダークセン議員会館6階の公聴会室は超満員だった。7月19日午後、この時期の首都ワシントンは夏休みのために街路の人通りは少なくなるのだが、この部屋は人の熱気に満ちていた。

 「中国に関する議会・政府委員会」が主催した中国のウイグル問題についての公開討論会だった。この委員会は名称のとおり、議会と行政府が合同で中国の人権問題について調査し、議論し、議会と政府の両方に政策提言をする。いまの委員長はバイロン・ドーガン上院議員、副委員長はサンダー・レビン下院議員で、いずれも民主党の有力議員である。この立法府の代表に対し行政府は国務省の高官が代表になることが多い。

 19日の討論会は「抗議や騒乱から1年後の新疆の状況」と題されていた。中国の新疆ウイグル自治区で昨年の7月上旬から起きた騒乱からちょうど1年、中国当局の弾圧や、ウイグル人と漢族中国人との衝突で死傷者数千人を出した惨劇の後はどうなったか、という探索なのである。

 こういう集いをみると、いまさらながら超大国の米国の奥行きを感じる。ウイグル人問題というのは、中国政府の弾圧が明白でも、オバマ政権は触れたがらないのに、大統領と同じ民主党の有力議員が名前を出しての中国政府批判の討論会が立法府、行政府の共同作業として催されるからだ。しかも一般の傍聴者で大きな公聴会室が満員となり、立ったまま耳を傾ける人も多いのである。ウイグル問題には血なまぐさい事件からすでに1年が過ぎても、米国側での関心はこれほど高いのだ。

 パネリストでは米国を主体とする民間の国際的な人権擁護団体の「人権ウオッチ」のアジア部門責任者ソフィー・リチャードソン氏が発言した。

 「ウルムチ市の中心部の34世帯の現況調査では、そのすべての世帯で最低1人は不在者がいることが判明しました。当局に連行されたのです」

 ウイグル人住民多数が正規の司法手続きを経ないで拘束されたままだというのだ。ウイグル地区の人口動態を研究するマイアミ大学のスタンレー・ツープ准教授は、新疆の総人口2130万のうちウイグル人は46%、漢民族中国人は39%にまで増えた実態を説明する。

 「中国当局によるインフラを建設しての経済開発が進むほど、言語、文化、風習などの各面で脱ウイグル化が進んでいます」

 議会調査局の中国専門官シャーリー・カン氏は米中関係のなかでのウイグル問題の現状を語る。

 「中国当局はウイグル問題を台湾やチベットと並べ、『国家主権にとっての中核の問題』と呼び、絶対に妥協しないという姿勢を強めています。米国政府も正面から提起しないとはいえ、注意を絶やしていません」

 しかしさらに核心を突いたのは、傍聴にきていた著名な中国専門家マイケル・ピルズベリー氏の問題提起だった。

 「ウイグル人は民族としての独自性を奪われていくという悲劇はチベット人と変わらないのに、米国でも国際社会でも、チベットよりはるかに少ない支援や関心しか得られないのはなぜでしょうか。一部ウイグル人がテロ勢力に入っていたからか、イスラム教徒たちだからか」

 この問いには、多様な答えが熱っぽく返された。「チベット民族には亡命政権があり、ダライ・ラマという象徴的存在があるが、ウイグル人はそうではない」「チベットでの自立の動きの国際的アピールの歴史がきわめて長い」「仏教とイスラム教との一般への印象の違いが大きい」「9・11テロ以後の対テロ戦の相手にウイグル人の一部が含まれたことが大きい」-。

 ウイグル問題への米国の対応はオバマ政権の表面の冷淡な態度だけで即断してはならないと思わされる討論がなお長く続くのだった。

産経ニュースより引用
今日のチベット・ウィグルは、明日の日本です。

少し前に、ネパールで、支那共産党から支援を受けていたとされる、ネパール共産党毛沢東派が、
人民戦争を開始し、内戦が勃発し、最終的には、
200年以上続いた、ネパール王室が廃止され、国王は、一般国民になってしまいました。

支那がアジアを侵略するときにもっとも邪魔な存在が、
王室・日本においては、2600年以上続く御皇室の存在なのでしょう。

【中国4000年の歴史】って言うけど、共産党が統治して、60年程度です。
1912年まで、あった、清国は満州人の国、
日本に攻めてきた、元は、モンゴル人の国ですから、
ころころ、支配民族が変わり、4000年の歴史なんて、嘘なんですよ。

世界史の歴史年表を見ても、日本は、江戸時代とか、〇〇時代と表記があるだけで、
他国は、元・明・清などの表記がなく他国の支配をほとんど受けていないことが解ります。
なので、2600年も歴史の継続性もある、日本は、世界最古の国なんですよ。

だから、王室・御皇室の継続性を維持することは、他国からの侵略の阻止に大きな役割を果たしていると考えます。
各種ブログランキング参加中、ランクアップにご協力していただける方はクリックを!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

FC2 ランキングへ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
スポンサーサイト

テーマ : 憂国   ジャンル : 政治・経済

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


1番は駄目なんです。 ≪         HOME         ≫ 日本限定の勧告です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。