--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/20 Tue  20:50
現職工作員と元工作員

金賢姫元工作員が来日
2010.7.20 04:53

 1987年の大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員(48)が20日早朝、東京・羽田空港経由で来日した。日本政府の招聘(しょうへい)によるもので、事件以来初の海外渡航となる。23日まで滞在し、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の両親ら拉致被害者家族と面会する。

 日本での滞在日程は警備上の問題を理由に一切、非公開となる見通し。新潟経由での入国なども検討されたが、警備上の理由から見送られた。

 金元工作員は北朝鮮で81~83年、拉致被害者の田口八重子さん=同(22)=と暮らし、日本語教育を受けた。韓国で昨年3月、田口さんの長男、飯塚耕一郎さん(33)と兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(72)と面会を果たしている。

 また、面会後には田口さんと暮らしていた時期に「めぐみさんに会った」とも証言。今回の訪日は、めぐみさんの父、滋さん(77)と母、早紀江さん(74)に直接、めぐみさんと会った詳しい状況を伝えるのが主な目的だ。耕一郎さんら田口さんの家族にも再度面会する予定。

 日本では入管難民法で1年以上の懲役や禁固刑が確定した外国人の入国が認められておらず、韓国で死刑が確定し、特別赦免された金元工作員も該当する。しかし、今回は千葉景子法相が「特別上陸許可」を出して入国が認められた。日本の警察当局による事情聴取も見送られる見通し。

産経ニュースより引用
また、無法大臣の特例です。
しかも、今回の来日は、日本政府のチャーター機で、軽井沢の鳩山宅の別荘で、宿泊、
おそらく、韓国~羽田~軽井沢の移動は、すべて、税金での来日です。

日本のパスポートを偽造し、そのパスポートを使用して、海外を渡り歩き、
航空機を爆破して、日本の国際的地位を貶めようと企んだ実行犯が、
日本に来るのに、事情聴取の1つも行いません。
いつから、日本は、テロリストを擁護するようになったのだ?

この来日によって、マスゴミは、拉致問題が進展と報道しています。
しかし、金賢姫は、拉致の実行では、ありません。
そもそも、千葉・菅・江田議員拉致の実行犯釈放に署名した、
民主党で、大きく拉致問題が解決に向かうことは、考えられないでしょう。
それよりも、彼らから、事情聴取をした方がが解決に向かうかも知れません。

この来日は、明らかに、民主党政権が拉致に関しても成果を挙げたことを
アピールする材料にしたいのでしょう。

少なくとも北朝鮮が拉致を認めてから、5年以上はたっています、
なぜ、時期の来日なのか?
まるで、小泉訪朝による、世論の支持率アップの
再現を狙っているのでは、と考えてしまいます。
各種ブログランキング参加中、ランクアップにご協力していただける方はクリックを!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

FC2 ランキングへ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
スポンサーサイト

テーマ : ニュース   ジャンル : ニュース

tag : 民主党 偏向報道 拉致問題

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


F-2を追加生産へ ≪         HOME         ≫ 野党とのパイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。