--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/16 Fri  19:50
最大限の誠意って何だよ?

日本、韓国併合百年で「最大限の誠意」盛り込む首相談話発表か 韓国紙が報じる
2010.7.16 13:04


16日付の韓国紙、朝鮮日報は、日本による朝鮮半島の植民地支配が始まった日韓併合から今年8月で100年となるのを受け、日本政府がこれに合わせて首相名の談話文を発表することを検討中だと報じた。日韓両政府の関係者の話として伝えた。

 同紙によると、日本政府は参院選後に談話文の形式や内容に関する検討を本格化。「最大限の誠意」を盛り込むことなどを韓国側に伝えてきている。日本政府は今月23日にハノイで開かれるASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議などの機会を利用し、韓国側と協議する計画だ。

 韓国政府内には日韓併合に絡み、侵略戦争と植民地支配を謝罪した1995年の村山富市首相談話と同様の談話を日本政府が発表することなどを求める声がある。(共同)

産経ニュースより引用
河野談話、村山談話、さらに、菅談話ですか。

日韓併合は、朝鮮半島を発展させ、日本からの持ち出しがほとんどだと、
『最大限の誠意』を盛り込んでくれるのでくれることは、ないよな・・・

どうせ、「遠くない過去・・・日本は・・・朝鮮半島を・・・で、植民地支配を謝罪する。」と
言って、村山談話見たいな事を言うなよ。
日本また、日本に不利益をもたらすだけだよ。

そもそも、
イギリスが、アフリカ・インド、
オランダが、インドネシア、
フランスが、ベトナム・ラオス・アフリカの
植民地支配をまともに謝罪したことがあるのか?


しかも、日本の植民地政策は、日本からの持ち出し、欧米の搾取とは、大きく違います。
・日本人の税金で、賄われた朝鮮半島鉄道建設
・総督府による治水事業
・水田の拡大
・禿山の植林
・朝鮮半島の工業化

など、朝鮮半島に資金を投資しました。
その結果、崩壊寸前の経済を日韓併合で復活させました。

戦後の廃墟からの復興以前に、廃墟からの復活という、実績があったとも考えられるのです。
それに対して謝罪とは・・・さすが、「最小不幸」を目指すだけあって、貧しい生活を望んでいるのでしょう。
それとも、国益より、大事なものがある総理大臣なのでしょうか?


各種ブログランキング参加中、ランクアップにご協力していただける方はクリックを!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

FC2 ランキングへ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

国民の知らない反日の実態。日教組、民主党、マスゴミの実態などのまとめサイトです。
チャンネル桜!月10000円からの2千人委員会!月2000円からの友の会も募集中!"
【 So-TV 】メディア界を激震させる真の報道番組・【 チャンネル桜 】のインターネット放送・月額課金で見放題! 全ての番組にて無料のサンプル動画が視聴可能!
南京の真実 上映会募集
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権   ジャンル : 政治・経済

tag : 民主党 談話 韓国 併合

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


民意無視、法務大臣続投へ ≪         HOME         ≫ 選挙の敗北は、消費税か?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。