--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/27 Sun  14:58
氷雪の門、36年ぶりの劇場公開へ

南樺太の悲劇「氷雪の門」36年ぶりの劇場公開
2010.6.15 08:05


■「この映画は歴史の証人」

 “幻の映画”と呼ばれる「樺太1945年夏 氷雪の門」(脚本・国弘威雄(たけお)、監督・村山三男)が、36年の年月を経て、全国で順次公開される。太平洋戦争末期に、ソ連が日本領だった南樺太(サハリン)に侵攻し、自決を強いられた真岡郵便局の女性電話交換手9人の悲劇を描いた物語。昭和49年の公開直前、ソ連側の抗議によって公開中止になった。助監督を務めた映画監督の新城卓さんは「この映画は歴史の証人」と訴える。

 同作は、北海道で新聞記者をしていた金子俊男さんの『樺太一九四五年夏・樺太終戦記録』(講談社)が原作。南田洋子さんや丹波哲郎さんらが出演し、戦闘場面の撮影では陸上自衛隊が協力した。製作実行予算が5億円を超えた超大作映画として話題を呼んだ。

 だが、公開直前に配給元の東宝が上映中止を決定。「反ソ映画は困る」という駐日ソ連大使館の抗議や、東宝が進めていたソ連との合作映画「モスクワわが愛」への配慮があったとされる。結局、北海道と九州で2週間だけ上映された。

 1945年夏、太平洋戦争は終末を迎えようとしていた。樺太には緊張の中にも平和な時間が流れていた。ところが8月9日、ソ連軍は日ソ中立条約を一方的に破棄し、南樺太に侵攻。終戦後も戦闘は拡大していった。

そして8月20日、真岡の沿岸にソ連艦隊が現れ、艦砲射撃を開始。電話交換手の女性たちは職務への使命感や故郷への思いから、職場を離れることはなかった。ソ連兵がいよいよ郵便局に近づいた。路上の親子が銃火を浴びた。「皆さん、これが最後です。さようなら、さようなら」。この通信を最後に、9人は服毒死を選ぶ。

 配給会社「太秦(うずまさ)」の小林三四郎社長は「同作は日の目をみないまま月日が流れ、多くの関係者が亡くなった。樺太の街のセットを作り上げた美術監督の木村威夫さんと上映を目指したが、木村さんも3月に亡くなった。さまざまな思いが詰まった作品」と話す。

 新城さんも「表現の自由が約束された社会であるはずなのに、この映画には自由がなかった。日本というのはどういう国なんだろう、と悔しかった。政治的意図はなく、史実を伝えたいだけ。ザ・コーヴの上映中止や普天間問題などを考えるきっかけにもなるのでは」と話している。

 7月17日からシアターN渋谷で。全国各地の劇場でも順次公開する。

産経ニュースより引用
『表現の自由の約束された社会でこの映画には、それがありませんでした。』
この映画は、公開当時、ソ連の圧力で、公開がごく限られたところでしか公開されませんでした。

ソ連のシベリア抑留は、有名な話ですが、この真岡郵便局の事件は、一般国民にあまり、知られていません。
終戦間際のソ連からの侵略、その後の樺太での戦闘は、8月23日頃まで続きました。
また、彼女たちは、靖国神社に祭れています。

公開場所などは、オフィシャルサイトでご確認ください。
氷雪の門 オフィシャルサイト


映画『樺太1945年夏 氷雪の門』予告編

各種ブログランキング参加中、ランクアップしていただける方はクリック!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

FC2 ランキングへ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

国民の知らない反日の実態。日教組、民主党、マスゴミの実態などのまとめサイトです。
チャンネル桜!月10000円からの2千人委員会!月2000円からの友の会も募集中!"
【 So-TV 】メディア界を激震させる真の報道番組・【 チャンネル桜 】のインターネット放送・月額課金で見放題! 全ての番組にて無料のサンプル動画が視聴可能!
南京の真実 上映会募集

スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画   ジャンル : 映画

tag : 映画 氷雪の門 ソ連 表現の自由

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


例の現場です。 ≪         HOME         ≫ よい選択を!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。