--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/08 Wed  00:40
ミサイルでOK!

北ミサイルは「飛翔体」? 新呼称「ミサイル関連飛翔体」も
2009/04/07 22:43


「人工衛星を積んでいたのか、いなかったのか。この分析結果が出れば(ミサイルと)表明できるが、国連決議に間に合うかどうか明言できる段階にない」

 河村建夫官房長官は6日の記者会見で、「政府の見解をいつ出すのか」とただされ、苦しい釈明を続けたあげく「ミサイル関連飛翔体」という珍妙な新語を作ってしまった。

 首相や河村氏はかねて「ミサイル」と断じてきたが、政府は3月27日の安全保障会議を機に「飛翔体」という呼称を公式採用した。防衛省が「もし本当に人工衛星の打ち上げだったと分かったら、ミサイルと断定した日本政府が逆に国際非難を受けかねない」と強く求めたためだ。

 このため、河村氏は記者会見での呼称をすべて飛翔体に変更した。首相は飛翔体という呼称を使いたがらず「ロケットあるいはミサイル」などと表現。4月5日の発射当日は「このたび発射したこと」と主語を省略し、7日は「ミサイル発射と思われるようなもの」と微妙な表現でごまかした。

 一方、飛翔体というあいまいな表現では国民に強いメッセージが出せないと考えた自民、公明両党は早々と「ミサイル」の呼称に統一した。発射3時間後に発表した与党声明では「北朝鮮がミサイル発射を行った」と断定。細田博之幹事長は6日の政府・自民協議会で「なぜ政府は『飛翔体』なんて言っているんだ。日本に対する脅威なんだから、『人工衛星が飛んでいませんね』とか『音楽が聞こえていない』などと言っていてはダメだ」と強く迫った。

 だが、ミサイルとロケットは、先端部に弾頭を積むか人工衛星を積むかの違いだけで構造は同じだ。違いを証明するには先端部分を回収するしかないが、太平洋に沈んだとみられ回収はほぼ不可能。そうなれば発射角度や最高速度、弾道などを割り出し、「人工衛星の軌道投入は不可能で、最初からミサイルの発射実験だった」という結論を導き出すしかない。

 このため、防衛省はイージス艦のレーダーなどのデータ解析を急いでいるが、ミサイルと結論づける報告書をいつ提出できるか、メドは立っていないという。

 しかし、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は5日の段階で「テポドン2号ミサイル」と断定し、「いかなる物体も衛星軌道に進入しなかった」と公表している。このまま政府があいまいな表現を続けていれば、国連安保理での折衝に影響が出かねないとの見方も出ている。(田中靖人)

ここ数日いろいろ忙しくてなかなか更新できませんでしたが・・・
やっぱり、4月5日(日曜日)に、他国の安全を無視して、国会での非難決議も無視して、日本を挑発するかのごとく、いわゆる『飛翔体』を打ってきましたね。

日本に脅威となる『飛翔体』なら、日本側は、『ミサイル』と呼んでも問題ないでしょう。
あっちの国は、『人工衛星』って連呼すると思いますがね。
日本でも、朝○新聞的人とか、社会党とか、韓国の報道局も、人工衛星とか、『飛翔体』って言っていそうな気がしますがね・・・

社会党の某議員や、PAC3の配備された基地で、『迎撃反対』する団体などは、どうか知りませんが・・・周りの人は、大体
『北朝鮮からミサイルが飛んできた』とか、『北朝鮮がミサイルを発射した』って言うのじゃないのかな
『北朝鮮から人工衛星が飛んできた。』とか言うまともな日本人は、いるのでしょうかね。


スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題   ジャンル : 政治・経済

tag : 日本の危機 北朝鮮 ミサイル

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

ゆきかぜ

Author:ゆきかぜ
日本は、とてつもなくいい国です。

平成20年8月末日より、ブログを始めました。
書き物が得意じゃない上に、未熟ですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
●影響を受けた人
清水馨八郎、高校時代の世界史の先生
●好きな4文字熟語
「常在戦場(じょうざいせんじょう)」
「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
●尊敬する人
山本五十六
●嫌いなもの
日教組・マスコミ
●好きなもの
日の丸・君が代

Twitter

my日本


無料です!
良かったら登録しませんか?

国民が知らない反日の実態

Hannniti_banner3

東トルキスタンに平和と自由を・・・

拉致問題

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ


社長は、辞めないのか? ≪         HOME         ≫ 日本の領土ですが何か?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。